バーボンはお好き?

「貴女は、お酒は飲みますか?」
「あ……実は、今まで飲む機会がなかったのできちんと飲んだことがなかったんです。だけどこの前、沖矢さんの家に言った時にたくさんお酒があって」
「ホォー……」
「……安室さん、何か怒ってます?」
「いいえ。そんなことないですよ。続けてください」
「(何だか笑顔が怖い…)バーボンとライ・ウイスキー言うお酒を少しだけ飲み比べしました」
「ホォー……」
「バーボンは甘いバニラの香りでマイルドで、ライは少しだけスパイシーな感じ。ひと口程度しか飲んでませんけど、意外と私、ライのが好きかも。沖矢さんには『予想が外れた』って言われちゃいましたけど」
「……」
「えっと、安室さん?」
「…今度は大量のバーボンを飲んでみてください。気が変わりますよ。いえ、変わらせます」
「あ、安室さん、目が笑ってない…」
「そんなことないです」
「あ! でも沖矢さんはバーボンが好きだって!」
「何のフォローにもなってません」




バーボンが安室さんと知らない主人公